轍
… うごくだけ、まだマシ

花見 発見 再訪

分類: 下駄山話;  執筆者: rockriver
2012年04月16日

20120416-cherry_lane.jpg
昨日 発見した花見の名所に行きました。埼玉県ときがわ市鎌形の桜堤。樹齢は若いですが2km以上もの並木で周辺に建物が少なくて見応えあります。ただし大きな駐車場が少ない。


20120416-tokyo_insho.jpg
すぐ近くに見慣れた名前の会社の玉川工場があることを発見。


帰途、越生町で小南さんの工場を訪問。10年以上前に見学して以来。 Webサイトもそのころのまま。

少しちらかっているとのことで撮影は遠慮して、外にあったこれを撮影。以外と凝ったシャーシーだったんですね。
20120416-honda_s_komy.jpg


このSは多くが専用設計なんです。リダクションギアつきスターターがクランクするのはエンジンの前の方とか。(Beatなんぞとは... と言うつもりはありません。)

コメント :

  1. 今枝 和夫

    「Beatなんぞとは…」
    ええ、所詮は量産された軽トラのエンジンに手を入れて作った車輌ですから、その辺は「ケタ」が違いますw。
    でも、そのお陰で比較的パーツが安いのが救いですね。
    ヘッドなんかもBEAT生産車のヘッドを使うより、アクティのノーマルヘッドを使った方が手を入れる余地があるので、触り易いとか。

    一つ思ったのが、二柱リフトに上げてあります、このシャーシ。
    太めのタイダウンベルトでリフトのアップポイントを繋いだ方が昨今の地震でも落ちにくくすることが出来るのでされた方が良いのでは、と老婆心ながら。

コメントを書く

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
« | »